TOP > BRAND > Domaine Vincent Latour

このブランドで探す

Domaine Vincent Latour(ドメーヌ・ヴァンサン・ラトゥール)

生産者のホームページへ

1792年創業という歴史を誇るムルソーの家族経営によるドメーヌ。現在ヴァンサンとセシル夫妻により運営されており、12haの畑をムルソーに所有、減農薬農法(リュット・レゾネ)による栽培行われています。
18世紀から続くという壮大なアーチ型天井のワインセラーがあり、熟成は樽で18カ月間行われています。
新樽の使用比率は低く(約20%程)、これはムルソー本来のブドウから醸し 出されるナッツの風味や煎ったような香りを大切にするためです。

ムルソー・プルミエ・クリュ・シャルム Meursault 1er Cru Charmes

Meursault 1er Cru Charmes
ムルソーの1級畑は17ほどに細分されていますが、その中でトップの御三家と言われているのがペリエール、ジュヌブリエール、シャルム。
ラトゥール・ラビーユのシャルムでの自社畑はわずか0.33haであるが、ここで作られるワインは白い花やわら、ピーチやポワール、ハチミツやシナモンを連想させる華麗な香り。
ふくよかなコクもあり、それも限りなくソフトで豊潤さと美しさが口中に広がります。
ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区
ブドウ品種:シャルドネ 100% 新樽比率:20%
栽培面積:0.33 ヘクタール
土壌:粘土石灰岩質
植株:1969年と1997年

品名
ムルソー・プルミエ・クリュ・シャルム
Meursault 1er Cru Charmes
品種
シャルドネ
ムルソー・プルミエ・クリュ・プルーゾ Meursault 1er Poruzot

Meursault 1er Poruzot
ムルソー1級畑のグッド・ドールとジュヌブリエールの間に位置するミネラル感に溢れるポリュゾ。色調は透明度の高い輝きのあるゴールド。ミネラルや花の香り。
口に含むとアプリコットのコンフィや豊潤なコクが口中いっぱいに広がります。
ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区
ブドウ品種:シャルドネ 100% 新樽比率:30%
栽培面積:0.82 ヘクタール
土壌:粘土石灰岩質
植株:1947年と1991年

品名
ムルソー・プルミエ・クリュ・ポリュゾ
Meursault 1er Poruzot
品種
シャルドネ
ムルソー・クロ・デ・メ・シャヴォー Meursault Clos des Miex Chavaux

Meursault Clos des Miex Chavaux
ムルソー村北西部レ・メ・シャヴォー区画の中で3.5haモノポールとして”ムルソー・クロ・レ・メ・シャヴォー”の畑を所有。
若いうちはフローラルな香りとティーユやヴェルヴェーヌ、ミントといったハーブの香り。
やや熟成してくると、アーモンドやヘーゼルナッツ、ハチミツといった香りへ変化していきます。
口に入れると優しく、滑らかな口当たり。丸みを帯びたバランスの良い酸が口中に広がっていきます。
ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区
ブドウ品種:シャルドネ 100%
栽培面積:3.50 ヘクタール
土壌:粘土石灰岩質
植株:1949年と1996年

品名
ムルソー・クロ・デ・メ・シャヴォー
Meursault Clos des Miex Chavaux
品種
シャルドネ
Meursault Grands Charrons

Meursault Grands Charrons
1級畑グットドールから連なる斜面の好立地に位置している。ムルソー特有の
ふくよかなニュアンスを持ちながらも非常に繊細。樽のニュアンスは控えめで
フローラルなアロマ。熟した白桃やアプリコットのニュアンスがあり、透明感
のある酸と非常に長い余韻も特徴。
熟成はドゥミ・ミュイを使用し、12ヶ月間(澱との接触期間4~6ヶ月)。

品名
ムルソー・グラン・シャロン
Meursault Grands Charrons
品種
シャルドネ
FIC WINE ONLINE SHOP
詳細情報はWINELIST(PDF)をダウンロード

PAGE TOP