TOP > BRAND > Francois Carillon

このブランドで探す

Francois Carillon(フランソワ・カリヨン)

フランソワ・カリヨンはブルゴーニュで最も著名なワイナリーの一つであるルイ・カリヨンの息子であります。

祖父を師と仰ぎ、フランソワは2007年に彼自身の醸造哲学にチャレンジし始めました。既に大成功を収め、彼の世代の醸造家の中で最も有望なワイン生産者の一人となったのです。

サン・トーバンの1級畑であるル・シャモワにある小さな区画から離れて、フランソワ・カリヨンはブルゴーニュで模範的な地区として知られるピュリニー地区に注力し始めました。彼の作るブルゴーニュ・ブランはグラン・リュのちょうど裏のブドウ畑から由来しており、彼の所有するピュリニー地区は、二つの著名な区画(ル・レヴロン:ムルソー村に近い1級畑のレ・ルフェールの裏、ル・アンセニエール:バタール特級畑の近くとビエンヴェニュー・バタール)からのブレンドで作られています。
彼はまた2008年にフォラティエールという1級畑を家族から譲り受け、2009年には1級畑であるレ・フォールを手に入れ、特級畑であるビエンヴェニュー・バタール・モンラッシェをも手に入れたのです。

彼のワイン哲学はまさに彼の祖父が行ったことを受け継ぎ、現在的な手法を合わせています。小さなオーク樽で熟成され、新樽を25%使用しています。ブルゴーニュ・ブランから1級畑のフォラティエールまで、深くピュリニーに根差したワインとなっています。
白い花、ミネラル、柑橘系の香り、口に含むと繊細な味わいと余韻が長く続きます。

ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レフォー Puligny Montrachet 1er Cru Les Referts 2009

Puligny Montrachet 1er Cru Les Referts
樹齢40年のシャルドネを使用。栽培面積はわずか0.2ha。強さとミネラル感を激しく強調している。
スパイシーなアロマを持ち、多少複雑なスパイスの風味の料理やグリルしたフォワグラともよく合います。
新樽25%使用

品名
ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ルフェール
Puligny Montrachet 1er Cru Les Referts
品種
シャルドネ
ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエール Puligny Montrachet 1er Cru Les Folatieres 2009

Puligny Montrachet 1er Cru Les Folatieres
樹齢42年のシャルドネを使用。栽培面積はわずか0.12haの希少な地区。白い花を思わせるフローラル香、果実味に富んで、そして力強さを感じるワイン。
今でも十分楽しめますが、3-5年後でもそのポテンシャルは全く変わらない。
アペリティフ、魚介類の料理やフォワグラとよく合います。
新樽25%使用。

品名
ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエール
Puligny Montrachet 1er Cru Les Folatieres
品種
シャルドネ
ピュリニー・モンラッシェ Puligny Montrachet 2009

Puligny Montrachet
樹齢35-45年のシャルドネを使用。栽培面積は1.0ha。果実味及びミネラルを感じる。2-3年の熟成を経て芳醇なワインに変化していきます。
そのエレガントさ、滑らかな優しいピュアな味わいは口中に長く余韻として残ります。
新樽10%使用。

品名
ピュリニー・モンラッシェ
Puligny Montrachet
品種
シャルドネ
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・レ・シャモワ St Aubin 1er Cru Le Charmois

St Aubin 1er Cru Le Charmois
樹齢30年のシャルドネ使用。栽培面積はわずか0.21ha。Puligny Montrachetにほど近い区画。
そのテロワールから由来する偉大なピュアさを持っているワイン。
柑橘系果実の香りの印象が強いこのワインは魚料理全般及び白カビタイプのチーズとよく合います。
新樽10%使用

品名
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・レ・シャモワ
St Aubin 1er Cru Le Charmois
品種
シャルドネ
FIC WINE ONLINE SHOP
詳細情報はWINELIST(PDF)をダウンロード

PAGE TOP