TOP > BRAND > Domaine André Moingeon et Fils

このブランドで探す

Domaine André Moingeon et Fils(ドメーヌ・アンドレ・モワンジョン・エ・フィス)

生産者のホームページへ

ドメーヌ・モワンジョンは、コート・ド・ボーヌでもとりわけ魅力的なサン・トーバン村にあります。サン・トーバンはブルゴーニュ・ワインでも特に有名で歴史のある一流アペラシオンのピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェと同様に、世代を超えて成長してきた伝統的な家族経営の生産者が多く住んでいます。
歴史あるモワンジョン家も現在10ヘクタールの自社畑で27,000本をボトルリングする家族経営のドメーヌです。ブドウ畑の大半は1世紀以上を経過し、現当主ミッシェルの父アンドレが1950年代にそれを引き継いだときにドメーヌは繁栄しました。但し、収穫したブドウは全てネゴシアンに販売していました。
1978年にミシェルとイヴェット夫妻は父からブドウ栽培を引き継ぎ、1983年に弟ジェラールと一緒にアンドレ・モワンジョン・エ・フィスを設立しました。これまでブドウの販売だけで生計を立ててきましたが、ブルゴーニュ・ワインが脚光を浴びたのを背景に自ら醸造や瓶詰めをするようになりました。
ワイン市場は急速に変化しブドウの販売だけでは不安定になってきたので、ミッシェルは今までの栽培家としての活動を一旦停止し、丁度、息子のローランが学業から戻り家業を継ぐ事になったのを機に、それ以降は自社元詰を拡大し品質を向上させるべく畑にも新たに高級なブドウの樹を植えかえています。今ではローランがドメーヌを切り盛りするようになりました。
ローランが醸造長になってから、いくつかの工程を見直し、また、機材やセラーを一新し進化を続けています。

Saint Aubin 1er cru Les Frionnes Blanc

Saint Aubin 1er cru Les Frionnes Blanc
フリオンヌの畑はサン・トーバン村からガメイ村への中間に位置し、石灰質土壌でミネラルが強く長熟のワインとなる事で有名。斜面の中腹にあり日照が長くブドウは良く熟しますが、酸も充分にあり果実香とミネラルとでモンラッシェに近いアン・レミリー畑よりモンラッシェ系のニュアンスが感じられます。

品名
サン・トーバン プルミエ・クリュ レ・フリオンヌ・ブラン
Saint Aubin 1er cru Les Frionnes Blanc
品種
シャルドネ
Saint Aubin 1er cru Rouge

Saint Aubin 1er cru Rouge
モワンジョンは赤ブドウの1級畑を多く所有しています。そのほとんどが石灰岩が混じる砂礫質土壌の優良畑で1.64haあり大部分はブドウをネゴシアンに販売していましたが大変評判が良く、そのうち3,000本をドメーヌとして毎年壜詰めしています。また赤は、この地で最良の区画「1級畑シュール・ガメイ」ですが、ボジョレーと混同されるのでラベルにはプルミエ・クリュとのみ記載しています。

品名
サン・トーバン プルミエ・クリュ・ルージュ
Saint Aubin 1er cru Rouge
品種
ピノ・ノワール
Puligny Montrachet

Puligny Montrachet
モワンジョンのAOCピュリニー・モンラッシェは、代々の契約者であるジャン・マルク・ボワイヨ、ボワセ、ルイ・ジャド等のネゴシアンに今でも販売しています。しかし、今後は少しづつドメーヌとしてボトリングしモワンジョンの名を冠したワンとして販売していきたいと考えています。

品名
ピュリニー・モンラッシェ
Puligny Montrachet
品種
シャルドネ
FIC WINE ONLINE SHOP
詳細情報はWINELIST(PDF)をダウンロード

PAGE TOP