TOP > BRAND > Domaine Guerrin et Fils

Domaine Guerrin et Fils(ドメーヌ・ゲラン・エ・フィス)

生産者のホームページへ

Solutre(ソリュトレ)とVergisson(ヴェルジッソン)二つの岩山の間に位置するドメーヌ・ゲランは1926年に創設されました。
現在4代目のバスティアンが父と共にワインづくりに心血を注いでいます。
厳しく切り立つ岩山近くのこの区域は地質額的にもたいへん古い土壌で、畑からは古代海洋生物の化石が産出します。
ゲランでは3つのアペラシオンに35の異なるパーセル(区画)の畑を所持していますが、これらを全て別々に摘み取り、それぞれの畑の特徴を熟慮したうえで醸造・ブレンドを行います。冬寒く夏暑いこの土地のワイン造りで重要なのは一粒一粒のブドウの実をじっくり観察し適時対処する事です。寒さ暑さに耐えるよう土を耕し、根が深くテロワールのミネラルを吸収するよう心がけます。栽培では手間を惜しまずブドウの健康状態と成熟のための最適な条件を見守ります。収穫では平地が少ないので90%で人間の手で摘み取り、搾汁したジュースは素早くセラーで冷却し、発酵を待ちます。
畑のパーセルとヴィンテージによって常に異なりますが、オーク樽を使用する際には澱と一緒に11~12ヶ月熟成させます。

特にビオ、ビオディナミの認定をめざしてはいませんが、環境に配慮した農法を用い、当然除草剤や防虫剤の類は一切使用していません。ブドウの根が健康に伸びれば、ヴェルジッソンのミネラル溢れる素晴らしい土壌の要素をたっぷりとブドウに反映できます。ブドウの健康状態は非常に大切です。
14haの総面積に35のパーセルの特徴を的確にとらえ、ベストな形でキュヴェに反映またはブレンドしています。

Pouilly Fuisse sur La Roche

Pouilly Fuisse sur La Roche
Vergissonの丘上部に広がる特徴的なテロワール。カルケールが大変強いピエール・ブランシュ(白石)で組成されるミネラルの強い土壌。東からの風が定期的に吹き、様々なミクロクリマ条件のバランスを取っている。栽培面積0.4ha。

品名
プイイ・フュイッセ・スール・ラ・ロッシュ
Pouilly Fuisse sur La Roche
品種
シャルドネ
Saint Veran Clos Vessat

Saint Veran Clos Vessat
標高200m程度の丘陵地に位置する。2haの畑が全て南南西向き。日照が強く、ブドウが焼けるので葉は間引かない。土壌は粘土質が多い石灰質粘土土壌。熟し具合が他より早く、厚みのある滑らかな仕上がりになることが多い。白い花や果肉が黄色い果実(黄桃など)の風味、フレッシュな味わい。

品名
サン・ヴェラン・クロ・ヴェサ
Saint Veran Clos Vessat
品種
シャルドネ
詳細情報はWINELIST(PDF)をダウンロード

PAGE TOP