TOP > BRAND > Domaine Pavelot

Domaine Pavelot(ドメーヌ・パヴロ)

生産者のホームページへ

サヴィニー・レ・ボーヌに拠点を置くジャン・マルクと息子のユーグ・パヴロは父から息子へとドメーヌの経営を上手に継承されたお手本と言われています。
ドメーヌ・パヴロはサヴィニー・レ・ボーヌに13ha、ボーヌとアロース・コルトンにも畑を保有する中堅のメゾンです。ドメーヌとして壜詰めされるのは3分の1で、残りはネゴシアンに樽、壜ではPBワインとしてワインショップに販売しています。
ドメーヌの主な販売先はレストランで、ラムロワーズ、ロワゾー、デュカス、トロワグロ、ベージュ、トゥールダルジャン、ロブション等々、著名な店ばかりです。

Savigny-les-Beaune 1er Cru La Dominode

Savigny-les-Beaune 1er Cru La Dominode
この畑は日苦闘に面し、サヴィニー・レ・ボーヌで最良の畑と言われていて、粘土質土壌で緩やかな斜面にあり、砂を多く含んでいます。ラテン語の「ドミナス」からその名をとり、昔は領主の所有物でした。強烈な芳香と深いガーネットのワインとなり、スパイスやムスクの香り等大変複雑で、ブーケの束のようなワインです。
この畑は大変古い樹齢(50~80年)で高齢化が進み、植え替えもしていますが、最も若い樹で10年です。パヴロ家は2haを固まりとして所有している生産者です。

品名
サヴィニー・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ・ラ・ドミノ―ド
Savigny-les-Beaune 1er Cru La Dominode
品種
ピノ・ノワール
Savigny-les-Beaune 1er Cru Aux Guettes

Savigny-les-Beaune 1er Cru Aux Guettes
この畑は標高300メートルの高地にある南向きの急な斜面で、表面の土が薄くかかった石灰岩土壌です。パヴロ家では2か所で合計1.48haを所有していますが、なぜか常に収穫量が低い畑でもあります。畑名の語源はボーヌの街からとその地域一帯が良く見える事もあり「見張る」という名になった特異な畑です。

品名
サヴィニー・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ・オー・ゲット
Savigny-les-Beaune 1er Cru Aux Guettes
品種
ピノ・ノワール
Savigny-les-Beaune Blanc

Savigny-les-Beaune Blanc
このワインは全く違う2つの畑から造られます。まず平らな場所に位置する「Planchots」(樹齢55年)と呼ばれる畑ですが、ここは深い砂質土壌でワインは柑橘系の香りがあり、ふくよかな骨格が特徴です。次に「Vermots」(樹齢15年)と呼ばれる畑は、石灰岩質の丘の上部に位置し、ミネラルが多く桃などのフル―ツ連想させるワインができます。これら2つのブレンドは芳香、酸、果実味等バランスの取れたワインになります。0.84ha所有。

品名
サヴィニー・レ・ボーヌ・ブラン
Savigny-les-Beaune Blanc
品種
シャルドネ
Savigny-les-Beaune Rouge

Savigny-les-Beaune Rouge
ブドウは複雑に入り組んだいくつかの畑からもたらされます。多様なテロワールと複数の畑のブドウを使う事により、より複雑でエレガントなワインが出来上がります。
パヴロが持つサヴィニー特有の芳香とフルーティーな香り、そして果実味がいっぱいの飲みやすさ等はこのブレンドによるものです。

品名
サヴィニー・レ・ボーヌ・ルージュ
Savigny-les-Beaune Rouge
品種
ピノ・ノワール
詳細情報はWINELIST(PDF)をダウンロード

PAGE TOP